<お願いとご注意>
・リンク、ブックマークはこのページではなくトップページにお願いします。
・スマートフォンからの閲覧には原則対応しておりません。
 閲覧は可能ですが、レイアウトが崩れる場合があります。

<最新の日記>
2020年5月26日(火) 緊急事態宣言解除

皆さん長らく大変お疲れさまでした!
といいつつも、他県では早速第二波の予兆が見えているわけですが。

この日記読んでる皆さんにズバリ問います。
この三か月間、どれだけ辛抱できましたか?

前回の日記でも書きましたが、率直に感じたのは
私の周りにはオンオフ問わず
自分に正直な人が多すぎる印象でした。
(尤もそういう人ほど比例して目立つので当然なのですが…)
なんかこう、自分の事しか考えてないんじゃないの?って。
直接間接的な感染云々の事ではないです。
医療機関が忙しいつってるのにリスクの高い場所に出かけたり、
最近だとお役所が忙しいっつってんのに手紙きた途端に
(財力にまだ余裕がある人が)即効で給付金申請したりと、
いろいろとその人の本性が分かる良い機会になったといえば
普段滅多に言うことが無い私の皮肉も伝わるでしょうか。
たとえやったとしても黙ってりゃぁいいのにねぇ。
とても社会人とは思えない。

とはいえ、私も他人事ではない状況ではありました。
私が都内に住んでいるままだったら今ほど我慢が出来たのか疑問です。
ただ、私の周りにはたくさんの医療機関に勤めている友人や
お役所に勤めている知人がおります

ニュース見るたびに知り合いたちの顔を思い浮かべてました。
だから私はそれなりに我慢できたんだと自負しております。
こういう時に知人友人を有効に使わないでどうするのよ。
脳内でさ、こう。

加えて私自身が単身だったってのも、所帯持ちや
実家暮らしの人に比べれば負担が軽かったんだと思います。



あと私の場合、自分がどのように自粛するのかというマイルールを
しっかりと定めていたことも、ルーズにならないで済んだ
勝因の一つなんじゃないかなって思っています。

参考までに、私の自粛対策の今までと今後をまとめてみました。
私はこれくらいしっかりとルールを決めてやっていたのですが、
こうやって文字にしてみるのは初めてなのでちょっと興味深いですね。

なお黒文字が自分の対策、赤文字が私の周りの情勢(参考程度)です。



3月上旬 ・居酒屋などの大衆飲食店の利用を自粛開始

3月下旬 ・仕事以外の県外への移動を自粛
      ・仕事で県外に出た場合は、職場の外に一切出ないよう自粛を開始
       (社員食堂を含む)
      ・飲食店イートイン利用の自粛を開始
      ・全ての観光、娯楽施設の自粛を開始(ゲームセンター含む)

      ・社内で飲み会の自粛通達、テレワークの一部開始

4月04日 ・贔屓のゲームセンターが営業自粛開始
4月07日 ・一都七県に緊急事態宣言発令
4月09日 ・贔屓のゲームセンターにて感染者発生のお知らせ

4月10日 ・マイカーの運転自粛開始
      ・特定の店舗(下記)を除くすべての店舗の利用を自粛
      (ラブラ万代のイオンスタイル、南万代の原信、
      南万代のココカラファイン、新潟駅内のマツモトキヨシ
      通勤圏内のコンビニ、通勤圏内のテイクアウト可能な飲食店)

4月16日 ・全国に緊急事態宣言発令

4月20日 ・万代シティ営業休止


~ ~ ~


5月14日 ・新潟県で緊急事態宣言解除

5月18日 ・万代シティ営業再開

5月21日 ・不要不急でない目的に限り、利用店舗の一部緩和(混雑を避ける)
      ・不要不急でない目的に限り、マイカー運転の解禁

5月25日 ・全国で緊急事態宣言解除

5月28日 (現在)

6月01日 ・居酒屋を除く飲食店イートイン利用の解禁(混雑を避ける)
      ・市内に限り観光施設の利用解禁(温泉施設、ゲームセンター含む、ただし混雑を避ける)

6月15日 ・県内に限り観光施設の利用解禁

7月10日 ・全ての飲食店イートイン利用を解禁
      ・すべての移動自粛を解除
      ・状況次第で小規模オフ会の再開




さて、これを読んで今後の対策についてどう思われたかは
人それぞれだとは思いますが、今後の予定については
あくまでこれは最高レベルで楽観視を前提とした状態です。
この表のように7月に都内でりょい達と乾杯なんかできたら夢のような話です。

今後の情勢や空気次第で今後の自粛緩和を延長もすれば、
多分ないとは思いますがさらに緩和することもあるかもしれません。
冒頭で述べた通り、地方都市では早くも
第二波の余波なんじゃないかってところが出てきて
はえーよ!って脳内ツッコミ入れてます。

いい大人なんでそういうのはフレキシブルにやっていきたいところですね。


それともう一つ。
上の対策一覧ですが、当然のことながら
全て守れたわけではございません。

会社で使ってる道具がぶっ壊れたときは
仕方なく駅南のドンキで補充しましたし、
買い物の頻度も絶対に三日に一度、というわけにはいきませんでした。
8割程度しか守れていなかったのではないでしょうか。
ただ、公で言っていなかっただけよっていう話でございます。

それでも自分の楽しみだった外食や飲み会はもちろん
温泉やゲーセンはしっかり自粛してましたし、
ガソリンももう二か月以上給油してないくらいには頑張っていました。
そしてそのせいで贔屓の飲食店や娯楽施設が
次々と閉店していくというのもクッソ皮肉な話ですね。



あと、自画自賛できるのは、私の場合
自分にしては珍しく割り切りが早かったって点だったと思います。
あとメリハリがしっかりしてた点。

幸い私は今のところは逼迫した状況には陥っていないので、
この際(この自粛が期間限定だと信じて)新たなライフスタイルに挑戦してみようと。
例えば、ツイッターのフォロワーさんはお気づきの方も多いと思うのですが、
この3か月間でここまで沢山の真面目な料理をしたのはすごく久しぶりです。
器用貧乏で多趣味な性格がここまで役に立ったのもありがたい話で。
「外出しないと死んじゃう病」だった私が縛りプレイで自宅にセルフ軟禁(?)されてみたり
こういう時しかやらないだろうから、と記念に課金してまでZoom飲み会を主催したり
たまってた動画作成やイラストの作成の借金を返済するなどなど、
まるでゲームのトロフィを手に入れるかのように毎日を楽しむことができました。
あー、自分ってやろうと思えばいろんなことが出来るんだなって。
それは自信にも直結しましたし、付加要素として
この三か月で今までの人生でないレベルで貯金がめちゃくちゃ増えるという
想定外のメリットにもつながりました。
世界中で沢山の犠牲者が現在進行形で出ている状況なので
本来なら記念にとか楽しむとかメリットなどという言葉は禁句なのでしょうが、
極論割り切るってのはそういうことではないでしょうか。
だってそうやって私自身のエンジョイを見つけ出すことで
少なくとも見ず知らずの人の仕事が少なからず軽減されたりするわけじゃないですか。
もしかしたらクラスター感染の元凶になっていたのを防いだのかもしれません。
神のみぞ知るです。
でもそこに気づけただけでも私は勝てた気がしています、大勝ちです。


で、改めて

「みなさんはこの三か月間、どうだった?」

って問いたいわけなんですよ。





の☆





数回にわたり、今回のウイルス騒動についての私見を述べてまいりました。
またいつものような日記に戻る予定でございますのでお楽しみに。


あっそうそう。
仕事が落ち着いたのと外食が出来なくなったのをきっかけに
今月から本格的なダイエットを始めていました。
ツイッターではお話ししているのでご存知の方も多いとは思うのですが
次はその話でも。




<最近の日記>
2020年3月6日(金) ウイルス蔓延中!

ne:お久しぶりですねおやまです。
 先月下旬に無事、国家試験に合格しましたのでご報告です!

 …という報告をメインでする形の日記にしたかったのですが、
 一か月ほど前からものすんごい猛威を振るっている
 通称新型コロナウイルスのおかげでもう何から何までがめちゃくちゃですね。

 東日本大震災の時のように突然起きた大きな一発の出来事が
 いきなりすべてを変えた…という感じではなく、
 一月末の最初のうちは「ふーん」ってレベルで小さい出来事だったのに
 日を追うごとにじわじわと状況が悪化していて当時の連中(自分含)に
 今の有様を見せてやりたいよって感じの最悪な状況でございまして
 とにかく優良な対応策はもっともっとあったはずだったのが
 なんとももどかしいといいますか…

 自粛モードは増えるわ、持ってる株が大暴落して大損だわ
 あっあと最近ウイルスのせいなのかうちのユウさんもなぜか
 俺に近づこうとしてくれなくてぜんぜん口をきいてくれなくてですね…

あーそれはコロナウイルスじゃなくて
  先月の日記の話が原因だと思うんですが。 

ne:えっ、なんで?

あー!
  出たなこの三流芸能事務所の社長気取りめ!
  役に立たなくなったら即効ポイですか!

ne:えっ…社長気取り??俺の事???

日記の実況担当係をついにボイスロイドに奪われたって
  ずっと騒いでいます。
ほんとうるさいんですけど。

ne:いやそれユウさんが登場して間もない頃のアーバンズも
 同じようなこと言ってたじゃん。

それ岡部姐さんだけです。
あの時は本気でクビになるかと思ってたわ。
ぬがのぉぉ!!
  出てこいやぁ、ねおやまぁ!!
  刺してやる!
  ストライキしてデモして今すぐ社長を刺してやるんだからっ!

ne:なんかウイルスなんかよりはるかに物騒な奴がいるんですけど!

もう本当にクビでいいんじゃない?
あんなおっぱい暴言小娘に仕事取られてたまるかーっ!はー!

ne:その二つ合わせたのがお前なんだけど!

しかもリアルアーバンナイトではユウさんの声に
  マキちゃん充ててますよねぃ?

ne:それもそうだけど…そもそも「はちゃたー日記」のために
  あんな動画作るのってものすっごい時間と労力がかかるから
  今回限りのつもりだったんだけど…??

えっ…

ne:えっ?

そうなの?

ne:そうだよ?



ne:…?

……

ne:……??

やーだー!もーーーーー!
  それを最初から言いなさいってばーー!!

ドス!ドス!バン!バン!

ne:わかったから肩強く叩かないで…

えいっ!!

グサッ!!

ne:うおっ、刺された!!

はいここまでで1セット。
いつもの展開に戻ってこられてなによりです…

ne:まったくこれだから人の話を聞こうとしないから奴は困る!

サーセン!でも誤解させる人も悪いんですー!

ne:いや勘違いしてたの明らかにお前だけだからな!?
 そもそも前回の動画には俺自身すら出てきてないだろ?

 まったく…罰として今描いてるイラストでユウさんの下半身が
 めっちゃ太くなったんだけど無修正でいくからな?

あ、それは駄目です。

ne:めんどくせぇやつだな!!

マスター、そろそろ本題に入られては如何でしょうか?

ne:本題も何も、最初のコロナウイルスの話で
 持論を展開しようかなって考えてたんだけど
 今のアホな茶番見てるうちにすっかり熱が冷めちゃったよ…

そうなのですか?

ne:そうなのですよ。

イライラしてるときにアホな展開に持っていくと
  自分がイライラしてたのがあほらしく思えてくることがある。
  それはとってもいいことじゃないのって…

ne:あなたいたんですか?

わたしいたんですのよ?
あっねおやまくん、試験合格おめでとー☆

ne:今更かよ!!
  タスクが溜まりすぎて作業が止まってる
  PCみたいなリアクションしやがって!

いやそれこの日記の話だから!
他には話すことないの?

ne:まぁ簡潔に近況報告するなら、
 最近は休みの日に行くコメダ珈琲のモーニングが楽しみなせいで
 休みの日でも比較的早起きするようになったのと、
 東京で泊った浅草橋の変なホテルが思いのほか居心地よかったのと…
 …あとはそうだねぇ。
 先述のウイルスのせいで娯楽施設や公共施設の自粛モードが
 現在進行形で起きてるせいで
 俺が新潟に引っ越してからの二大娯楽である
 ゲーセン通い日帰り温泉、という趣味がどっちも出来なくなって
 ここ最近めっちゃくちゃイライラしてる…ってことかな。

この際新しい趣味を作ってみては?

ne:おととしから始めたプール通いも同じ理由で易々と行けないしなぁ。

この際新しい宗教を作ってみては?

ne:お前は何を言っているんだ。

車でドライブとかは?

ne:場所は選びますがそれが一番マトモかもしれないね…
  ただこれは今月下旬に予定があるのでまぁいいとして…
  ってかそろそろスノータイヤも戻さないといけないんだよなぁ。
  8万も払ってタイヤ買ったのに暖冬のせいでろくに活躍しなかったなぁ…。
  あーあとスモールライトも最近片目切れたから交換しないと…

  なんだか試験が終わったのにイライラ案件が続くなぁ!

耐えろ、そなたは美しい。
でもそうやって新しい土地で新しい趣味を見つけるのって楽しいよね。

ne:それは間違いないわ。

あまりその辺の話をココでしてなかったけど、
  ニーガタではどんな新しい趣味を?

ne:さっき言った日帰り温泉と健康ランドです。

今はダメじゃん!

ne:だから怒ってるんじゃん!!

耐えろ…そな

ne:ループはもういいから!!

2020年4月29日(水) ステイホームワンクール

前回の日記から約二か月が経過しました。
如何お過ごしでしょうか?

もちろん全員「最悪」ですよね。
というか今回ばかりはそうあってほしいです。



ほぼ月記になりつつあるこのはちゃたー日記ですが、
前回の続きからして

やーウイルス対策めっちゃ大変でしたねー(^ω^)
  でも最近ようやくおちつきましたよー(^ω^)

…みたいなことを今回の日記では書きたかったのですが
落ち着くどころかむしろ当時より圧倒的に悪化している現状でございます。
オリンピックもコミケもねおやまオフ会もすべて延期または中止となり、
…まぁそれは至極当然かつ懸命な判断だとは思っているのですが
ここまで先が見えないと次の日記あたりでは

かゆい…うま

で終わってるんじゃないかとか、
良くわからないことを考えたりしております
ねおやまでございますこんばんは。





の☆





志村けんさんがコロナウイルスことCOVID-19の影響で逝去されました。

本当はこの時点で日記を書きたかったのですが
あまりのショックにしばらく何もできませんでした。

その日の朝、仕事先で先輩が突然「わーーーーー!」って
叫びだしたのでいきなり何だよって思うじゃないですか、
で、その時彼が呼んでたニュースティッカーを私は無言で見せつけられ
初めて訃報を知り、直後私も全く同じように叫びました。
先輩はお笑いが大好きな方です。

私ですらあの時は相当ショックで仕方ありませんでした。
ましてドリフターズの方々を崇拝している石井ことKTは
どれだけ言葉にならない哀しみを味わったのだろうかと考えるだけで
もらい泣きしてしまいそうな気持で一杯です。


そのころの日本は、中国や韓国に比べて感染率を圧倒的に抑えられていたので
楽観的な人が非常に多い時期でした。
程度が違うとはいえ、おそらく私もそのうちの一人だったと思います。

実際には封じ込めに成功できていたというより
そもそも感染者のデータが無かったとかそもそも
検査を受けられる数が少なかったからそういう数字になるのは
当然だったという反省もあるのですが、
ただ、私はこの一ヶ月以上にかけては
いろいろと考えたり対策していたほうだと自負しています。



というわけでここ一ヶ月ちょいの私のケースを簡潔に。

ある日、私はウイルスの影響を鑑みて同期の飲み会を断りました。
先輩方からは「構ってやれよ」と言わんばかりに
断られた同期の事を「悲しそうだったよ」と私に伝えてくれました。

でもまぁ…あの時は言えませんでしたが、
当時、その友人の奥さんが濃厚接触者で感染の疑いが
あったということは黙っておきました。
(その後問題なかったので自粛は解除されたそうです)

その一週間後には会社から飲み会や外食の自粛の通達が発令され、
当たり前のように外食や会食がタブーととなっていました。
今どき飯食いに行こうなんていったら逆に怒られますね。
遅すぎだっつーのって思うかもしれませんが、
新潟はまだ当時は比較的平和だったもので。
(クラスターは数件ありましたがある程度封じ込めには成功できていました)



私がゲーセンで電車でGO!や音ゲーをはじめとしたゲーセンの
ゲームが大好きで、暇があればしょっちゅうゲーセンに
通ってるということは、前の職場と違い私のほうから
かなりオープンにしゃべっています。

そんな中、行きたい気持ちをぐっとこらえて
ゲーセンには先月の中旬から全く行かなくなったのですが、
ゆえに「最近全然行けてないのでストレス溜まりまくってますよーw」は
私から先輩や同期への常套句となりつつありました。

まぁこれも、一部からはそこまでしなくてもいいのでは?って意見、
あったんですよねぇ…
正直こればかりは私もそう思っていました。
「とりあえずの用心」って感じで。

しかし事態が急展開したのが今月の上旬、
朝起きたら先輩からのメールで
「ねおやま君がよく通ってるって言ってたゲームセンターで
ウイルスの感染者が出たって(県の)ニュースで言ってたけど大丈夫?」
と言われ、頭の中が真っ白になりました。

感染者が出たのは、市内にある大型複合アミューズメント施設で、
私と同じ音ゲーマーで2Fにいたたことが判明。
何が皮肉って、そのゲームセンター、すでに営業を自粛していたんですね。
ええ、自粛していたんですよ…
感染者が滞在したほんの数日後に。

つまり「感染者滞在→営業自粛→感染者がいたことが判明」…の流れ。
自粛があと一週間早ければこんなことにはならなかっただけに
なんとも勿体ない出来事でした。

感染者がゲーセンに入り浸っていたのは今月1日と3日の夜間だったそうで
先述の通り私は先月からゲーセンを自粛していたので
幸いにも感染の疑いがかかりませんでした。

またその後、ゲーマーによるクラスターの情報も無かったので、とりあえず一安心。



その後しばらくして一部の都府県に緊急事態宣言が発令されました。

フォロワーの御親戚がコロナウイルスの影響でなくなったという
訃報も聞きました。
大変残念でなりません。

しばらくして新潟をはじめ全国で緊急事態宣言が発令され、
流石に危機感を覚えたのか、市内の雰囲気は一気に変わりました。

最寄りの大型店はスーパーを除いて次々と営業を中止。
かなり住みにくい環境に変化しました。

ご存知の通り、私達はこんな仕事をしています。

ゆえに、人一倍感染防止対策には気を配っているほうなのですが、
既に会社の先輩はこんな仕事をしているせいで、
まったく不要不急でないにもかかわらずとある店舗への入店を断られたり、
嫌な顔をされたりしていると本人から教えてもらいました。

確かに逆の立場だったら私だっていい顔は出来ないと思います。
しかし他人事ではないだけに、不要不急関係なくさまざまな店舗に行くのを
躊躇うようになりました。
このご時世、怪我なんかして病院にでも行ったらぶっ飛ばされそうですね。

それでなくても私が二年前に人間ドックを受けた都内の病院で
院内感染が発生して数十人が亡くなっている有様ですので
それはもう他人事ではありません。


そしてつい先日の話。
「この自粛が終わったらいろんなところに遊びに行こう」と
前向きな気持ちで自粛に耐えてきた中飛び込んできた、
私が大好きだった健康ランドの閉業のニュース。
(ゲームセンターのすぐ隣だったので非常に使い勝手がよかった)

都内でもなじみのある店が次々と閉店を余儀なくされており、
流石の私も一時期限界の気分に達しかけていました。



一応それなりに頑張ってはいるんだろうけど
正直まったく役に立たない政権と政策。
同じく信用できないWHO。
相次ぎ長引く自粛活動。
まったく見通しの立たない終息、
閉業する贔屓の店、煽るマスコミ。






さて、私がここで問いたいのは、
果たして皆さんはこの二か月間、どのようにお過ごしでしたか?ということです。

正直に言います。
全員ではないとはいえ、あまりにも楽観的なツイートが現在進行形で多くて
ものすごくガッカリしているところです。



先にお伝えしておきますと、この日記を日頃(月頃?)から
読んでいる方(つまり私と比較的つながりの深い方)はおそらく
その中には含まれていないと思いますしそう願っております。

が、一部のFF内のツイートを見ると、緊急事態宣言発令後の
自分が出歩いてる様子やら外食の様子やら遊んでいる様子やらを
呟いている人がまぁ多いこと多いこと。

特にインフルエンサーだかチューバ―だかしりませんが、
影響力のある方が平然と都心の市街地の様子を
毎日のように配信しているのをみて
何かはき違えているんじゃないかと強い遺憾の意を覚えずにはいられません。



みんな、本当に大丈夫?





さて、そんな私から僭越ながらアドバイスだけさせてください。

一つ、なんだかんだ言っても不要不急の外出を100%守れている人はいません。
私を含めてです。
そこは勘違いなさらぬよう。
外食や三密状態での外遊びは全くしていませんが、
私だってその買い物は果たして本当に必要だったのかと
考えることは山ほどありますし、やろうとおもえば
もっと自粛可能なマージンを残しています。
一人暮らしですからね、所帯持ちの方よりマージンはあるはずです。

ただ、「そこに行ったことをツイッターに残さない」というだけでも
じゅうぶんな効果が期待できるということは
どれだけの方が理解されているのでしょうか。

いろんなフォロワーがあちこちで外食したり危険な場所を出歩いたりしているのを
見ているだけでも、ああ、もう私はそこまで自粛しなくてもいいんだなっていう
錯覚を生んでしまうということは忘れないでいただきたい。

自粛の域をどこまでするのかはその人ひとりひとりで違いますし
私が口をはさむようなことではありません。
ただ、クロであれシロであれグレーであれ
疑われやすい行為をするのであれば
たとえそれが実際には問題の無かった行為であったとしても
SNS上で公言するのを控えるだけでも全然違います。
その上で皆さんがどのレベルまで自粛の制限を緩めるのかは
その人次第だと思っています。

私の場合、①外出は感染するから怖いのではなく
感染させるのが怖い、ということと、
②仕事以外で不要不急の外出を一度するごとに
日本全国の事態の収束が一日遅れる、と自分に言い聞かせるように
しています、参考までに。



そしてもう一つは、クズみたいなツイートをRTしないということです。

最近皆さん疲れからかあまりにもおかしい発言をしているツイートを
見せしめにするかのごとくRTしまくってる人を散見するのですが
それらを当たり前のように非常識なものとして把握してる我々フォロワーからすれば
ただでさえ溜まっているストレスを不要に増幅させているに過ぎない行為に感じています。

過剰に意識してポジティブなツイートをしろというわけではありませんが、
こういう時にネガティブなツイートをさらさないだけでも
精神衛生上有難いと思う人は少なくなうということを
ご理解いただきたく思います。

この二つだけでも構いません。
過度な自粛は心身を崩壊させることも理解していますが、
今一度、最近の私生活やSNS上をはじめとした皆さんの
日頃の行いについて振り返っていただける機会になれば幸いです。
もちろん、私もその対象です。
自分への戒めも込めて書いた本日の日記です。
最近数日後に自分のツイートを振り返ると
なんでこんなこと言ったんだろうって思うことが
今まで以上に多くなっていると自覚しています。

ともにこの苦しい峠を少しでも
乗り越えやすい山に削っていく努力ができればと思います。
よろしくお願いいたします。

過去日記(HVT時代)のサルベージ作業そろそろ開始予定!(気が遠くなりそう…)

2002年07月 2002年08月 2002年09月 2002年10月 2002年11月 2002年12月
2003年01月 2003年02月 2003年03月 2003年04月 2003年05月 2003年06月
2003年07月 2003年08月 2003年09月 2003年10月 2003年11月 2003年12月
2004年01月 2004年02月 2004年03月 2004年04月 2004年05月 2004年06月
2004年07月 2004年08月 2004年09月 2004年10月 2004年11月 2004年12月
2005年01月 2005年02月 2005年03月 2005年04月 2005年05月 2005年06月
2005年07月 2005年08月 2005年09月 2005年10月 2005年11月 2005年12月
2006年01月 2006年02月 2006年03月 2006年04月 2006年05月 2006年06月
2006年07月 2006年08月 2006年09月 2006年10月 2006年11月 2006年12月
2007年01月 2007年02月 2007年03月 2007年04月 2007年05月 2007年06月
2007年07月 2003年07月 2007年09月 2007年10月 2007年11月 2007年12月
2008年01月 2008年02月 2008年03月 2008年04月 2008年05月 2008年06月

2008年07月 2003年08月 2003年08月 2008年10月 2008年11月 2008年12月
2009年01月 2009年02月 2009年03月 2009年04月 2009年05月 2009年06月

2009年07月 2009年08月 2009年09月 2009年10月 2009年11月 2009年12月
2010年01月 2010年02月 2010年03月 2010年04月 2010年05月 2010年06月

2010年07月 2010年08月 2010年09月 2010年10月 2010年11月 2010年12月
2011年01月 2011年02月 2011年03月 2011年04月 2011年05月 2011年06月
2011年07月 2011年08月 2011年09月 2011年10月 2011年11月 2011年12月
2012年01月 2012年02月 2012年03月 2012年04月 2012年05月 2012年06月
2012年07月 2012年08月 2012年09月 2012年10月 2012年11月 2012年12月
2013年01月 2013年02月 2013年03月 2013年04月 2013年05月 2013年06月
2013年07月 2013年08月 2013年09月 2013年10月 2013年11月 2013年12月
2014年01月 2014年02月 2014年03月 2014年04月 2014年05月 2014年06月
2014年07月 2014年08月 2014年09月 2014年10月 2014年11月 2014年12月
2015年01月 2015年02月 2015年03月 2015年04月 2015年05月 2015年06月
2015年07月 2015年08月 2015年09月 2015年10月 2015年11月 2015年12月
2016年01月 2016年02月 2016年03月 2016年04月 2016年05月 2016年06月
2016年07月 2016年08月 2016年09月 2016年10月 2016年11月 2016年12月
2017年01月 2017年02月 2017年03月 2017年04月 2017年05月 2017年06月
2017年07月 2017年08月 2017年09月 2017年10月 2017年11月 2017年12月
2018年01月 2018年02月 2018年03月 2018年04月 2018年05月 2018年06月
2008年07月 2018年08月 2018年09月 2018年10月 2018年11月 2018年12月
2019年01月 2019年02月 2019年03月 2019年04月 2019年05月 2019年06月
2019年07月 2019年08月 2019年09月 2019年10月 2019年11月 2019年12月
2020年01月 2020年02月 2020年03月 2020年04月 2020年05月 2020年06月

※大規模メンテナンス中につき2019年2月以前の履歴
閲覧できなくなっております。後日復帰予定です。