<ご注意>
・リンク、ブックマークはこのページではなくトップページにお願いします。
・スマートフォンからの閲覧には原則対応しておりません。
 殆どの閲覧は可能ですが、レイアウトが崩れる場合があります。

<最新の日記>
2019年7月18日(木) 期日前投票に行ってきました

ねおやまです。

さてご存知の通り、本日は京都アニメーション社屋
凄惨な放火事件が発生した非常に痛ましい日であります。
この日記を書いている21時現在の報道では死者だけでも33名とのことです。

ここまでくるとただの放火事件ではなく
最早ドメスティック無差別テロと言っても全く過言ではないでしょう。
単独犯行でここまでの犠牲者が出たのは
令和どころか平成以来初とのことですね。
地下鉄サリン事件の犠牲者は13人、ただし負傷者は6000人超)



私は犯罪心理学には詳しくありませんが、
心がすさんでいる人というのはどの時代にもいます。
一定の条件が満たされてしまえば
私だってその一員になってしまうことでしょう。

しかし、一億総中流の時代が終わってしまった今の世の中で
その一員になってしまう危険性はあまりにも高くなっています。

今回の犯人(現在は重体)がどのような人となりで
それなりの仕事をしていたかどうかは(今は)わかりませんが、
今回の事件に限らず、無職者や不遇な方による凶悪犯罪は
ここ最近…、令和時代を見ただけでもあまりにも
増えすぎている感が否めません。
貧困層の急増、過剰なストレス社会、
家庭内教育の悪化、先行きの暗い未来予想など、
問題は山積みで最早どれから手を付けたらいいのかわからない状態にも見えます。

それでも、これらを一つ一つ手っ取り早く解決していく手段は
「政治」しかありません。

私が疑問に思っているのは、
その政治をするための人を選ぶ「選挙」という活動において、
どうしてここまでも「投票」という形で参加する人が我々世代に少ないのかという点にあります。
むしろ若年層(20歳以下)のほうが我々より興味を持っているのではないかとさえ感じています。

老人たちが若い人たちに「選挙に行くな」と行っている
アンチテーゼ調の選挙プロモーション動画はご覧になりましたでしょうか。
選挙に行かない若年~中年層が少なすぎるおかげで
目先にとらわれてマクロな視点での政策が完全に
ないがしろにされている状態にあるというのは
流石に皆さんもご存知だと思います。

選挙に参加しない人の共通するいいわけは
「どうせ選挙では何も変わらない」と「面倒くさい」の二つです。

そりゃ私だって「この人に入れたところで果たしてどこまで変わるのか」と
毎度思っています。
崇拝しているレベルでその人の政策と活動をたたえている人は殆どいないでしょうし
それはそれで…うん、どこぞの国家みたいで怖いですね。

ただ、もし、若い人たちが全うに受かってほしいと思っている人が
我々の選挙活動(つまり投票)でちゃんとみんな受かっていれば
大きく変わることは殆どなくても、間違いなく現状よりも「数パーセント」は
今の現実よりもより良い日本社会になっていると思います。

そして、このたった数パーセントの改善で、
どれだけの環境を整えることができ、
凶悪犯罪者とその予備軍の数を減らすことができたのだろうかと
思うことが多々あります。
こういう考えは一見突飛すぎて珍しく思われるかもしれませんが、
私は一番選挙に行くべき人たちが選挙に行かないことが
間接的であれ現在の凶悪犯罪社会化に一番一役を買っている
と断言しています。

もちろん、全員が選挙にさえ行っていれば今回の京アニ事件は
絶対に起きなかった、と言いたいわけではありません。
確率的な話ですので。



選挙、行きましょう、行ってください。



それでも頑なに「行かない」という人は、それを他人にアピールせず、黙っててください。

そして金輪際、日本社会に対してどんなに些細なことであれ
他人に見える場所で不平不満を漏らさないよう願います。

その年になって政治に対してほんの少しどころか全く興味を持たないというのは
同じ日本人として、大人として、人として、脊椎動物としてどうかと思われます。



幸いなことに、私の周り(この場合ははちゃたーの常連さんとツイッターFF内の人の事)には
良い方が本当に多いので、この日記を読んでくださっている方のほぼ全員が
毎度選挙に行っている方だとは思うのですが、
それでも平然と「まぁ俺は今回も選挙行かないけどね」と
SNS上で堂々と言う人っているんですよね…(少し減りましたね)。
なんだろう…
私には「今日もセブンで万引きしてきたぜー(^ω^)」って
発言してるのと同等レベルにしか見えておりません。

それだけ私は、選挙に行かないと平然と公言している連中を
卑下しておりますので、悪しからず。
たとえそれが友人であれ親戚であれです。



そして今後、選挙に対する意識が改善されることで
今のクッソ若い世代の人たちをはじめ、我々と
これからの社会を担っていく人たちの投票率がぐんぐんあがり、
ほんのわずかであれ、今の我々が生きている時間軸よりも
より日本社会が改善していくということを、
凄惨な事件や事故が少しでも減ることを、心から願っております。





…あっ、おことわり。

今回の日記は京アニの事件をきっかけに
今までずーっと思い溜まっていたことが爆発したせいで
このタイミングで書いただけですので、
無論、最近のSNSやツイッター上での発言をきっかけに
反論しているというわけではないことはご承知おき願います。

先述の通り、ここ最近はそういった発言を
FF内ではほぼ全く見なくなったのはありがたいことです。
私の見落としではなく、この5年で少なからず選挙に対する
改善意識が実っているものによると信じております(˘ω˘)




<最近の日記>
2019年7月1日(月) 社長の皆さん、7月ですよ






※三つ目のツイートは生々しいネタだと判断したため現在は削除されています



うちの会社にそんな制度があったの完全に忘れてました(不良会社員だったので縁も円も無かった)

過去日記(HVT時代)のサルベージ作業そろそろ開始予定!(気が遠くなりそう…)

2002年07月 2002年08月 2002年09月 2002年10月 2002年11月 2002年12月
2003年01月 2003年02月 2003年03月 2003年04月 2003年05月 2003年06月
2003年07月 2003年08月 2003年09月 2003年10月 2003年11月 2003年12月
2004年01月 2004年02月 2004年03月 2004年04月 2004年05月 2004年06月
2004年07月 2004年08月 2004年09月 2004年10月 2004年11月 2004年12月
2005年01月 2005年02月 2005年03月 2005年04月 2005年05月 2005年06月
2005年07月 2005年08月 2005年09月 2005年10月 2005年11月 2005年12月
2006年01月 2006年02月 2006年03月 2006年04月 2006年05月 2006年06月
2006年07月 2006年08月 2006年09月 2006年10月 2006年11月 2006年12月
2007年01月 2007年02月 2007年03月 2007年04月 2007年05月 2007年06月
2007年07月 2003年07月 2007年09月 2007年10月 2007年11月 2007年12月
2008年01月 2008年02月 2008年03月 2008年04月 2008年05月 2008年06月

2008年07月 2003年08月 2003年08月 2008年10月 2008年11月 2008年12月
2009年01月 2009年02月 2009年03月 2009年04月 2009年05月 2009年06月

2009年07月 2009年08月 2009年09月 2009年10月 2009年11月 2009年12月
2010年01月 2010年02月 2010年03月 2010年04月 2010年05月 2010年06月

2010年07月 2010年08月 2010年09月 2010年10月 2010年11月 2010年12月
2011年01月 2011年02月 2011年03月 2011年04月 2011年05月 2011年06月
2011年07月 2011年08月 2011年09月 2011年10月 2011年11月 2011年12月
2012年01月 2012年02月 2012年03月 2012年04月 2012年05月 2012年06月
2012年07月 2012年08月 2012年09月 2012年10月 2012年11月 2012年12月
2013年01月 2013年02月 2013年03月 2013年04月 2013年05月 2013年06月
2013年07月 2013年08月 2013年09月 2013年10月 2013年11月 2013年12月
2014年01月 2014年02月 2014年03月 2014年04月 2014年05月 2014年06月
2014年07月 2014年08月 2014年09月 2014年10月 2014年11月 2014年12月
2015年01月 2015年02月 2015年03月 2015年04月 2015年05月 2015年06月
2015年07月 2015年08月 2015年09月 2015年10月 2015年11月 2015年12月
2016年01月 2016年02月 2016年03月 2016年04月 2016年05月 2016年06月
2016年07月 2016年08月 2016年09月 2016年10月 2016年11月 2016年12月
2017年01月 2017年02月 2017年03月 2017年04月 2017年05月 2017年06月
2017年07月 2017年08月 2017年09月 2017年10月 2017年11月 2017年12月
2018年01月 2018年02月 2018年03月 2018年04月 2018年05月 2018年06月
2008年07月 2018年08月 2018年09月 2018年10月 2018年11月 2018年12月
2019年01月 2019年02月 2019年03月 2019年04月 2019年05月 2019年06月

※工事中につき当面の間履歴が閲覧できなくなっております